杉並区 スレート屋根からシングル屋根材へのカバー工事

旭ファイバーグラス

リッジウェイ アーストンスシーダー

before

after

施工ポイント

こちらの屋根は勾配がきつい為、横風の影響を受けやすく、棟板金が外れかけている状態でした。

最近の台風により棟板金が吹き飛ぶなどの被害を受けた方も多いと思います。

その原因のほとんどが、

雨風の吹き込みにより下地の木が痩せてしまい、釘が抜けた結果吹き飛ばされます。

そういったところから、弊社は万が一雨風にさらされても劣化しない人工樹脂木を下地に使い、さらにパッキン付きのネジで板金を留めていきます。

これにより棟板金の強度はかなり上がります。

板金の重なり部分の中にもコーキングを打ち、外側のコーキングがきれても水の侵入を防ぎます。

天窓部分も、新たに水切りを現場加工して浸水を防ぎます。

色あいも、アーストンスシーダーをお選びいただき雰囲気のある屋根に仕上がりました。

K様、ありがとうございました。


一覧ページに戻る