お見積り無料!!
  • 090- 8807-8395
  • メール お問い合わせ
受付:8:00〜18:00
定休:日曜
ページ上部へ

雨樋工事

雨樋工事

雨樋工事

重要な役割を担う雨樋

重要な役割を担う雨樋

屋根に降った雨水を集めて排水する大切な役割を担う雨樋。
小さな部分ですが、住まいの健康を保つには必要不可欠な存在です。

雨樋が詰まったり破損してしまうと、屋根からしたたる雨水は行き場を失い、外壁を直接伝って地面に落ちます。
そうなると、外壁の劣化が早まってしまう要因となってしまうため要注意です。

また、雨樋の破損箇所から溢れ出た水が地面を叩きつけるため、土台部分などにも影響しかねませんので、破損や詰まりはそのままにしておかず、何か違和感を感じた時点で一度ご連絡ください。

このような症状はでていませんか?

  • 雨樋の途中から水が溢れている
  • 雨樋の継ぎ目から水が漏れている
  • 雨樋の中に雑草が生えている
  • ヒビ割れや、継ぎ目が外れている
  • 取り付けている金具がサビている
  • 現在の雨樋を取り付けてから20年以上経過している

雨樋工事で気をつけていること

適切な勾配をつけること

適切な勾配をつけること

雨水を排水するためには、雨樋に適切な勾配をつけて、流れやすい角度で設置することが重要です。
雨水がきちんと一定方向に流れるか、傾斜が強すぎてお住まいの美観を損なっていないかなど、バランスを調整しながら丁寧に設置いたします。

建物や屋根に合わせた素材・形状を選ぶこと

建物や屋根に合わせた素材・形状を選ぶこと

雨樋の素材は定番のものですと、『塩化ビニール』・『合成樹脂』・『ガルバリウム鋼板』・『銅』の4種類があります。
形状に関しては、角型・半円型など、屋根のイメージに合ったものを選ぶのがポイント◎
それぞれ価格や耐久性など、特徴が違ってきますので、お客様のご予算・ご要望に合わせてピッタリな雨樋をご提案いたします。

火災保険の適用

雨樋に修理が必要になった原因によっては、火災保険によって修理ができる場合もあります。
その原因とは「強風や積雪、ヒョウ」の気象です。これらが原因で雨樋に不具合が生じていると雨樋修理に火災保険が認められれば補償され、負担金0円になる可能性も。
すでに火災保険に加入中でしたら、ぜひお伝えください。雨樋以外に掛け金を回すこともご提案致します。

お問い合わせはコチラ

▼お見積もり・ご相談▼
【代表直通】090-8807-8395
【受付時間】8:00~18:00
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】所沢市を中心に、入間市・狭山市・飯能市・川越市・青梅市・西東京市、その他近隣エリア