お見積り無料!!
  • float-btn01_20210811
  • メール お問い合わせ
受付:8:00〜18:00
定休:日曜
ページ上部へ

漏電しているかも…原因は雨漏り?【漏電の症状と対処法】

雨が降っていない日は問題なく過ごせる家でも、雨が降ると家電の調子が良くない・ブレーカーが急に落ちてしまう‥などといった症状が起こることはないでしょうか。このような症状がある場合、雨漏りによる漏電が起こっているかもしれません。

漏電は家電の不具合・停電だけでなく、感電から火災に繋がる可能性があるためとても危険です。このような命にかかわる被害を防ぐために、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

1⃣漏電とは

本来電流が流れるルートを外れて、ほかに流れ漏れてしまうことです。電気は、電線やケーブルなどの電気を通しやすい物質を通り流れています。電気が外に漏れてしまわないようにするため「絶縁」という電気を通さないもので覆われていますが、経年劣化により傷付いていたり劣化してしまうことによって電気が正常な通り道から外れて外へ流れてしまう原因になります。これが漏電です。あと、防水性のない家電が何らかの理由で水をあびてしまうと絶縁の機能が弱まり漏電が起こりやすくなります。

電力の損失に繋がるだけではなく、感電や火災といった人命に関わる大変危険な事故の原因となることがありますので注意が必要です。

 

 

2⃣漏電の症状とチェック方法

 

・家電の調子が雨の日になると悪くなる

・雨の日はよくブレーカーが落ちる、そしてブレーカーが上がらない

・前の月に比べて電気代が急激に高くなった(電気使用量が増えた)

・建物にある金属部分(家電製品)を触ってみると痺れてビリビリする

 

このような症状が出た場合、漏電を疑った方がよいでしょう。まず、ご自宅の漏電ブレーカーをチェックしてみます。

→アンペアブレーカー付近に、漏電ブレーカーが設置されています。漏電ブレーカーが落ちないか、確認しましょう。やり方ですが、まず一度すべてのブレーカーを落としたら一個づつブレーカーを上げていきます。漏電しているところのブレーカーを上げた瞬間に漏電ブレーカーは落ちるので、もし漏電している場合はこの方法で見つけることができます。

 

 

3⃣漏電の多くの原因は、天井からの雨漏り

経年劣化により屋根材が傷んでいたことによって、雨漏りが発生してしまうこともあります。新築であっても、油断はできません。前ぶれもなく発生する台風や強風といった自然災害や、雨樋のメンテナンス不足によって水が詰まりそれが原因で雨漏りに繋がることもあります。

この雨漏りによって建物にダメージをあたえ、カビやシロアリを呼び寄せ被害が拡大するだけでなく最も危険なのが漏電です。電気の配線や電気器具類には、電気が漏れてしまわないように「絶縁」という処理がされています。しかし、雨漏りによって電気の配線やコードの絶縁体の隙間に雨水が入り込んでしまうことで漏電が起こる原因になります。

 

 

[家へのダメージ]

漏電が起きてしまうと、電気が回路の外に漏れて必要以上の電力が流れてしまいます。なので急激に家の電気料金が上がっている場合は、漏電の可能性があるといえるでしょう。漏電は家電が故障してしまうだけでなく、人が感電してしまったり火災の恐れもあるため最悪の事態に繋がり大変危険なのです。

 

・雨漏りによって、湿気や雨水が室内に侵入してきます。その水分によって、家電の電気系統が絶縁不良を起こし漏電してしまいます。これが原因で、家電の調子が悪くなるのです。漏電に気づかず家電を使用してしまうことで、電気の使用量が増えてしまい電気代は高くなります。

 

・漏電している箇所に水や金属製品など電気を通しやすいものが触れてしまい、さらにそれが人体に触れてしまった場合は感電してしまいとても危険です。雨が降った際に、漏電が原因で発火することもあります。例えば、就寝中にであったり家を空けているときに火災が起きれば大きな被害に繋がるでしょう。

 

 

4⃣対処法

天井から雨漏りがあった場合、屋根に原因があります。経年劣化によって防水シートが破れて水が侵入してしまい、雨漏りの原因になります。雨が降っている日に、どこから雨水が入ってきてしまっているのか天井側から見てみましょう。できれば、屋根裏を見てみると一番分かりやすいです。

雨漏りをしている箇所が確認できたら、場所の数とどの程度の雨漏りなのかを把握し業者へ連絡します。そして、事前に補修の見積もりを出してもらいましょう。雨漏りの程度にもよりますが、金額に迷った際は一つの業者で決めずにいくつかの業者へ連絡してみてから検討するのが良いでしょう。

焦って決めてしまわないように、雨漏りに対して不安に感じることがあればすぐに相談することをお勧めします。

 

※自然災害が原因にある場合は、火災保険が適用される可能性もあります。まずはご自宅が加入しているのか確認してみましょう。

 

 

雨漏りを放置してしまうと、漏電という家や家電へのダメージだけでなく人体にも影響を及ぼす危険性があります。最悪の場合、火災や感電によって死に至ることもあります。

雨漏りの原因は屋根だけではありません、ご自宅の外壁にシミや浮きはないでしょうか。特にベランダの下の部屋や軒天井にシミがあると雨漏りの可能性があります。あと窓やサッシにひび割れがあると、水が侵入してきてしまう可能性があるので要注意です。

様々な原因で雨漏りは発生しますが、雨漏りしやすい屋根を一度確認してみましょう。もし不安な箇所が見つかった際は、ぜひご相談ください。

 

お問い合わせ:立花工業株式会社 ☎080-7404-0035